山部赤人

山部赤人の和歌

短 歌
田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ
意 味
田子の浦に出て風景を眺めると、真っ白な富士の高い峰にいままさに雪が降り続いているよ

山部赤人の人物像

山部 赤人(やまべ の あかひと、生年不詳 - 天平8年(736年)?)は、奈良時代の歌人。三十六歌仙の一人。姓は宿禰。山部足島の子とする系図がある。官位は外従六位下・上総少目。後世、山邊(辺)赤人と表記されることもある。 山部赤人(やまべのあかひと)

山部赤人の経歴

その経歴は定かではないが、『続日本紀』などの史書に名前が見えないことから、下級官人であったと推測されている。神亀・天平の両時代にのみ和歌作品が残され、行幸などに随行した際の天皇讃歌が多いことから、聖武天皇時代の宮廷歌人だったと思われる。作られた和歌から諸国を旅したとも推測される。同時代の歌人には山上憶良や大伴旅人がいる。『万葉集』には長歌13首・短歌37首が、『拾遺和歌集』(3首)以下の勅撰和歌集に49首が入首している[3]。自然の美しさや清さを詠んだ叙景歌で知られる。 柿本人麻呂とともに歌聖と呼ばれ称えられている。紀貫之も『古今和歌集』の仮名序において、「人麿(柿本人麻呂)は、赤人が上に立たむことかたく、赤人は人麿が下に立たむことかたくなむありける」と同等に評価している。この人麻呂との対は、『万葉集』の大伴家持の漢文に、「山柿の門」(山部の「山」と柿本の「柿」)とあるのを初見とする[4]。 平安時代中期(『拾遺和歌集』頃とされる)には名声の高まりに合わせて、私家集の『赤人集』(三十六人集のひとつ)も編まれているが、これは万葉集の巻11の歌などを集めたもので、『人麻呂集』や『家持集』とおなじく万葉の赤人の作はほとんど含んでいない。『後撰和歌集』まではあまり採られることのなかった人麻呂ら万葉歌人の作品が、『拾遺和歌集』になって急増するので、関連が考えられている。 なお、赤人の墓と伝わる五輪塔が奈良県宇陀市の額井岳の麓に存在する。

山部赤人の作品

赤人の作として、もっともよく知られているのは百人一首におさめられた、
* 田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ
であると思われるが、これは万葉歌を改作したもの。万葉集には、
* 田子の浦ゆうち出でてみれば真白にそ富士の高嶺に雪は降りける とある。
ここでクリア