小野小町

小野小町の和歌

短 歌
花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに
意 味
美しい桜の花も春の長雨が降っていた間にすっかり色あせてしまった。私も恋の悩みや物思いにふけっていた間に美貌はずいぶん衰えてしまったなあ

小野小町の人物像

小野 小町(おの の こまち、生没年不詳)は、平安前期9世紀頃の女流歌人。六歌仙、三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。小野小町の詳しい系譜は不明である。彼女は絶世の美女として七小町など数々の逸話があり、後世に能や浄瑠璃などの題材としても使われている。だが、当時の小野小町像とされる絵や彫像は現存せず、後世に描かれた絵でも後姿が大半を占め、素顔が描かれていない事が多い。故に、美女であったか否かについても、真偽の程は分かっていない。 小野小町(おののこまち)

小野小町の出自

系図集『尊卑分脈』によれば小野篁の息子である出羽郡司・小野良真の娘とされている。また、数々の資料や諸説から生没年は天長2年(825年) - 昌泰3年(900年)の頃と考えられている。しかし、小野良真の名は『尊卑分脈』にしか記載が無く、他の史料には全く見当たらない。そればかりか、小野篁の生没年(延暦21年(802年) - 仁寿2年(853年))を考えると篁の孫とするには年代が合わない。 血縁者として『古今和歌集』には「小町姉(こまちがあね)」、『後撰和歌集』には「小町孫(こまちがまご)」、他の写本には「小町がいとこ」「小町姪(こまちがめい)」という人物がみえるが存在が疑わしい。さらには、仁明天皇の更衣(小野吉子、あるいはその妹)で、また文徳天皇や清和天皇の頃も仕えていたという説も存在するが、確証は無い。このため、架空説も伝えられている。 また、「小町」は本名ではなく、「町」という字があてられているので、後宮に仕える女性だったのではと考えられる(ほぼ同年代の人物に「三条町(紀静子)」「三国町(仁明天皇皇子貞登の母)」が存在する)。前述の小町姉が実在するという前提で、姉妹揃って宮仕えする際に姉は「小野町」と名付けられたのに対し、妹である小町は「年若い方の”町”」という意味で「小野小町」と名付けられたという説もある。

小野小町の生誕地に纏わる伝承

生誕地については、現在の秋田県湯沢市小野(旧雄勝郡雄勝町小野)という説が主流となっており、晩年も同地で過ごしたとする地域の言い伝えが残っている。が、小野小町の真の生誕地が秋田県湯沢市小野であるかどうかの確証は無い。この他にも福井県越前市とする説、福島県小野町とする説、生誕伝説のある地域は全国に点在しており、数多くの異説がある。東北地方に伝わるものはおそらく『古今和歌集』の歌人目録中の「出羽郡司娘」という記述によると思われるが、それも小野小町の神秘性を高めるために当時の日本の最果ての地の生まれという設定にしたと考えられてもいて、この伝説の裏付けにはなりにくい。 湯沢市には小野小町にちなんだ建造物「小町堂」があり、観光の拠点となっており、町おこしの一環として、毎年6月の第2日曜日に「小町まつり」を開催している。また、米の品種「あきたこまち」や、秋田新幹線の列車愛称「こまち」は彼女の名前に由来するものである。 京都市山科区小野は小野氏の栄えた土地とされ、小町は晩年この地で過ごしたとの説もある。ここにある随心院には、卒塔婆小町像や文塚など史跡が残っている。後述の「花の色は..」の歌は、花が色あせていくのと同じく自分も年老いていく姿を嘆き歌ったものとされる。 山形県米沢市小野川温泉は、小野小町が開湯した温泉と伝えられ、伝説が残っている。温泉街には、小町観音があり、美人の湯と称されている。近年、科学的分析により、美肌成分が多く含まれていることが判明し、単なる伝承ではなく、効果の裏付けが確認された。

小野小町の墓所

小野小町の物とされる墓も、全国に点在している。このため、どの墓が本物であるかは分かっていない。 平安時代位までは貴族も風葬が一般的であり(皇族等は別として)、墓自体がない可能性も示唆される。

宮城県大崎市にも小野小町の墓があり、生地の秋田県雄勝郡横堀村に帰る途中、この地で病に倒れ亡くなったと伝えられている。
福島県喜多方市高郷町(耶麻郡旧高郷村)には、小野小町塚があり、この地で病で亡くなったとされる小野の小町の供養塔がある。
栃木県下都賀郡岩舟町小野寺には、小野小町の墓などがある。
茨城県土浦市と石岡市には、小野小町の墓があり、この地で亡くなったとの伝承がある。この2つの地は、筑波山の峠を挟んでかなり近いところにある。
京都府京丹後市大宮町五十河も小野小町終焉の地と言われ、小町の墓と伝えられる小町塚がある。
京都市左京区静市市原町にある小町寺(補陀洛寺)には、小野小町老衰像と小町供養塔などがある。
滋賀県大津市大谷にある月心寺内には、小野小町百歳像がある。
鳥取県伯耆町にも同種の言い伝えがあり、小町地区に墓がある。また隣接して小野地区も存在する。
岡山県総社市清音黒田にも、小野小町の墓がある。この地の伝承としては、小町が「四方の峰流れ落ちくる五月雨の黒田の蛭祈りますらん」とよむと、当地の蛭は吸い付かなくなったという蛭封じの歌が伝えられている。
山口県下関市豊浦町川棚中小野にも、小野小町の墓がある。

小野小町の作品

歌風はその情熱的な恋愛感情が反映され、繊麗・哀婉、柔軟艶麗である。『古今和歌集』序文において紀貫之は彼女の作風を、『万葉集』の頃の清純さを保ちながら、なよやかな王朝浪漫性を漂わせているとして絶賛した。仁明天皇の治世の人物である在原業平や文屋康秀、良岑宗貞と和歌の贈答をしているため、実在性が高い、とする説もある。実際、これらの歌人との贈答歌は多く伝わっている。

古今集

思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを 色見えで移ろふものは世の中の人の心の花にぞありける いとせめて恋しき時はむばたまの夜の衣をかへしてぞきる うつつにはさもこそあらめ夢にさへ人めをもると見るがわびしさ かぎりなき思ひのままに夜もこむ夢ぢをさへに人はとがめじ 夢ぢには足もやすめずかよへどもうつつにひとめ見しごとはあらず うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものはたのみそめてき 秋の夜も名のみなりけりあふといへば事ぞともなく明けぬるものを 人にあはむ月のなきには思ひおきて胸はしり火に心やけをり 今はとてわが身時雨にふりぬれば事のはさへにうつろひにけり 秋風にあふたのみこそ悲しけれわが身むなしくなりぬと思へば

小町集

ともすればあだなる風にさざ波のなびくてふごと我なびけとや 空をゆく月のひかりを雲間より見でや闇にて世ははてぬべき 宵々の夢のたましひ足たゆくありても待たむとぶらひにこよ

古今集

花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに
ここでクリア