素性法師

素性法師の和歌

短 歌
今来むといひしばかりに長月の有明の月を待ち出でつるかな
意 味
すぐ行きます。というあなたの言葉を信じて待っていましたが、あなたは来ず、町もしない九月の夜遅く明け方に出る月を待つことになってしまった。

素性法師の人物像

素性(そせい、生年不詳 - 延喜10年(910年)?)は、平安時代前期から中期にかけての歌人・僧侶。桓武天皇の曾孫。遍照(良岑宗貞)の子。俗名は諸説あるが、一説に良岑玄利(よしみねのはるとし)。 三十六歌仙の一人。 素性法師(そせいほうし)

素性法師の経歴

素性は遍照が在俗の際の子供で、兄の由性と共に出家させられたようである。素性は父の遍照と共に宮廷に近い僧侶として和歌の道で活躍した。はじめ宮廷に出仕し、殿上人に進んだが、早くに出家した。仁明天皇の皇子常康親王が出家して雲林院を御所とした際、遍照・素性親子は出入りを許可されていた。親王薨去後は、遍照が雲林院の管理を任され、遍照入寂後も素性は雲林院に住まい、同院は和歌・漢詩の会の催しの場として知られた。後に、大和の良因院に移った。宇多天皇の歌合にしばしば招かれ歌を詠んでいる。 古今和歌集(36首)以下の勅撰和歌集に61首が入集し[1]、定家の小倉百人一首にも採られる。家集に『素性集』(他撰)がある。
ここでクリア