文屋康秀

文屋康秀の和歌

短 歌
吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風を嵐といふらむ
意 味
山から吹きおろす風はすぐに草木をしおれさせる。なるほど、だから、山から吹き降ろす風を嵐といい、野をあらす「あらし」というのだろう

文屋康秀の人物像

文屋 康秀(ふんや の やすひで、生年不詳 - 仁和元年(885年)?)は、平安時代前期の歌人。文琳とも。縫殿助・文屋宗于または大舎人頭・文屋真文の子。子に文屋朝康がいる。官位は正六位上・縫殿助。六歌仙および三十六歌仙の一人。 文屋康秀(ふんやのやすひで)

文屋康秀の概要

官人としては元慶元年(877年)山城大掾、元慶3年(880年)縫殿助に任官したことが伝わる程度で卑官に終始した。
『古今和歌集』仮名序では、「詞はたくみにて、そのさま身におはず、いはば商人のよき衣着たらんがごとし」と評される。勅撰和歌集には『古今和歌集』4首と『後撰和歌集』1首が入集するが[3]、『古今集』の2首は子の朝康の作ともいわれる。
小野小町と親密だったといい、三河国に赴任する際に小野小町を誘ったという。それに対し小町は「わびぬれば 身をうき草の 根を絶えて 誘ふ水あらば いなむとぞ思ふ」(=こんなに落ちぶれて、我が身がいやになったのですから、根なし草のように、誘いの水さえあれば、どこにでも流れてお供しようと思います)と歌を詠んで返事をしたという。のちに『古今著聞集』や『十訓抄』といった説話集に、この歌をもとにした話が載せられるようになった。

文屋康秀のその他代表作

春の日の光にあたる我なれど 頭の雪となるぞわびしき
ここでクリア