大江千里

大江千里の和歌

短 歌
月見れば 千々に物こそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど
意 味
月を見ているとなんだかいろいろもの悲しく感じられる。私一人のためにきた秋ではないのに

大江千里の人物像

大江千里(おおえ の ちさと、男性、生没年不詳)は、平安時代前期の学者・歌人。参議大江音人の子とわれるが、大江玉淵(音人の子)の子とする説もある。弟に大江千古がいる。子には維明・維繁がいる。官位は正五位下・式部権大輔。中古三十六歌仙の一人。 大江千里(おおえのちさと)

大江千里の経歴

大学で学んだ儒者であるが、漢詩文はほとんど残っていない。中務少丞・兵部少丞・兵部大丞などを歴任しているが、詳細な官歴については不明である。宇多天皇の頃の歌合に参加、寛平6年(894年)宇多天皇の勅命により家集『句題和歌』(大江千里集)を撰集・献上している。また、菅原是善と「貞観格式」を撰している。歌は儒家風で『白氏文集(はくしもんじゅう)』の詩句を和歌によって表現しようとしたところに特徴がある。

大江千里の官歴

* 883年(元慶7年)11月11日、備中大掾に任官。
* 894年(寛平6年)4月25日、家集『句題和歌』を献上。時に散位従五位上。
* 901年(延喜元年)3月15日、中務少丞に遷任。
* 902年(延喜2年)2月23日、兵部少丞に遷任。
* 903年(延喜3年)3月26日、兵部大丞に転任。
※この他、『句題和歌』の詞書から伊予権守や式部権大輔を歴任していたことが知られる。
ここでクリア