中納言兼輔

中納言兼輔の和歌

短 歌
みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ
意 味
みかの原から湧いて流れるという「いづみ川」、その名前のようにいつ見たというのだろうか、こんなにも恋しいなんて

中納言兼輔の人物像

藤原 兼輔(ふじわら の かねすけ、元慶元年(877年) - 承平3年2月18日(933年3月21日))は、平安時代中期の公家・歌人。藤原北家、右中将・藤原利基の六男。官位は従三位・中納言。また賀茂川堤に邸宅があったことから堤中納言とよばれた。三十六歌仙の一人。和歌・管弦に優れる。従兄弟で妻の父である三条右大臣藤原定方とともに当時の歌壇の中心的な人物であり、紀貫之や凡河内躬恒など多くの歌人が邸宅に集まった。『古今和歌集』(4首)以下の勅撰和歌集に56首が入集。家集に『兼輔集』がある。 中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

中納言兼輔の経歴

醍醐天皇の外戚であったことから、その春宮時代より仕え、寛平9年(897年)に醍醐天皇が即位すると昇殿を許される。醍醐天皇に非蔵人として仕える傍ら、讃岐権掾・右衛門少尉を経て、延喜2年(902年)従五位下に叙せられる。 延喜3年(903年)内蔵助に抜擢されたのち内蔵寮の次官次いで長官を務める傍ら、左兵衛佐・右衛門佐・左近衛少将といった武官や五位蔵人を兼任して引き続き天皇の側近として仕えた。延喜17年(917年)蔵人頭、延喜19年(819年)左近衛権中将を経て、延喜21年(921年)に参議として公卿に列した。延長5年(927年)従三位・権中納言に至る。 承平3年(933年)2月18日薨去。享年57。最終官位は権中納言従三位行右衛門督。
ここでクリア