凡河内躬恒

凡河内躬恒の和歌

短 歌
心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花
意 味
祈るならば、あて推量に祈ってみようか、真っ白に初霜が降りたなか、その白さと菊の白さが見分けがつかなくなっている白菊の花を

凡河内躬恒の人物像

凡河内 躬恒(おおしこうち の みつね、貞観元年(859年)? - 延長3年(925年)?)は、平安時代前期の歌人・官人。姓は宿禰。一説では淡路権掾凡河内諶利の子。三十六歌仙の1人。官位は六位・和泉大掾。 凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

凡河内躬恒の経歴

寛平6年(894年)2月に甲斐権少目、延喜7年(907年)1月に丹波権大目、同11年(911年)1月に和泉権掾、同21年(921年)1月に淡路権掾に任ぜられるなど、地方官を歴任。延長 3年(925年)、和泉から帰京して後まもなく没したという。 歌人としては三十六歌仙の1人に数えられ、延喜5年(905年)に紀貫之・紀友則・壬生忠岑と共に『古今和歌集』の撰者に任じられる。歌合や賀歌・屏風歌において活躍し、宇多法皇の大堰川行幸(907年)、石山寺御幸(916年)、春日社参詣(921年)などに供奉して和歌を詠進した。官位は低かったものの、古今和歌集への58首をはじめとして勅撰和歌集に194首入集するなど、宮廷歌人としての名声は高い。家集『躬恒集』がある。 なお、広峯神社祠官家である廣峯氏は躬恒の末裔を称した。

凡河内躬恒の逸話

『大和物語』一三二段に、醍醐天皇に「なぜ月を弓張というのか」と問われ、即興で「照る月をゆみ張としもいふことは山の端さして入(射)ればなりけり(=照っている月を弓張というのは、山の稜線に向かって月が沈んでいくからです)」と応じたという話がある。 『無名抄』によると貫之・躬恒の優劣を問われた源俊頼は「躬恒をばなあなづらせ給ひそ(=躬恒をばかにしてはいけません)」と言ったという。

凡河内躬恒の逸話

・心あてに折らばや折らむ初霜のおきまどはせる白菊の花
・てる月を弓張とのみいふことは山の端さしていればなりけり
ここでクリア