坂上是則

坂上是則の和歌

短 歌
朝ぼらけ有明の月と見るまでに 吉野の里に降れる白雪
意 味
ほのぼのと夜が明けるころ、空に残っている有明の月の光が降り注いでいるかと思うほど、白々と吉野の里に雪が降り積もっている

坂上是則の人物像

坂上是則(さかのうえ の これのり、生年不詳 - 延長8年(930年))は、平安時代前期から中期にかけての官人・歌人。右馬頭・坂上好蔭の子。子に望城がいる。官位は従五位下・加賀介。三十六歌仙の一人。 坂上是則(さかのうえのこれのり)

坂上是則の経歴

延喜8年(908年)大和権少掾、のち少監物・中監物・少内記を経て、延喜21年(921年)大内記、延長2年(924年)従五位下・加賀介に至る。
「寛平后宮歌合」や「大井川行幸和歌」など、宇多朝から醍醐朝にかけての和歌行事に度々進詠し、『古今和歌集』の撰者らに次ぐ歌人であった。『古今和歌集』(7首)以下の勅撰和歌集に39首が入集。家集に『是則集』がある。
また、蹴鞠に秀でていたらしく、延喜5年(905年)3月2日、宮中の仁寿殿において醍醐天皇の御前で蹴鞠が行われ、そのとき206回まで続けて蹴って一度も落とさなかったので、天皇はことのほか称賛して絹を与えたという。
ここでクリア