春道列樹

春道列樹の和歌

短 歌
山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり
意 味
山の中の小川に風がかけたしがらみ(柵のこと)は、流れきれずたまっている紅葉であった

春道列樹の人物像

春道列樹(はるみち の つらき、生年未詳 - 延喜20年(920年))は、平安時代中期の歌人。物部氏の一族で、主税頭(一説に雅楽頭)・春道新名(にいな)の子。子に有方・有近・仲方がいる。官位は六位・壱岐守。 延喜10年(910年)に文章生となり、大宰大監を経て、延喜20年(920年)に壱岐守に任じられたが、赴任前に没したという。 歌人として作品が『古今和歌集』に3首、『後撰和歌集』に2首入集している。 春道列樹(はるみちのつらき)
ここでクリア