藤原興風

藤原興風の和歌

短 歌
誰をかも知る人にせむ高砂の 松も昔の友ならなくに
意 味
いったい誰を心の許せるともとしたらいいのだろうか。あの高砂の松でさえも昔からの友ではないのに。

藤原興風の人物像

藤原 興風(ふじわら の おきかぜ、生没年不詳)は、平安時代の官人・歌人。藤原京家の出身、参議・藤原浜成の曾孫。相模掾・藤原道成の子。官位は正六位上・治部少丞。三十六歌仙の一人。 900年(昌泰3年)父と二代続けて相模掾に任ぜられる。904年(延喜4年)上野権大掾、914年(延喜14年)上総権大掾と地方官を歴任し、正六位上・治部少丞に至る。 官位は低かったが『古今和歌集』の時代における代表的な歌人で、「寛平后宮歌合」・「亭子院歌合」などの歌合への参加も多く見られる。『古今和歌集』(17首)以下の勅撰和歌集に38首が入集。家集に『興風集』がある。管弦にも秀でていたという。 藤原興風(ふじわらのおきかぜ)
ここでクリア