壬生忠見

壬生忠見の和歌

短 歌
恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか
意 味
恋をしているという評判が世間にひろまった。誰にも知られないようにひそかに心のうちだけで思いはじめたばかりなのに

壬生忠見の人物像

壬生 忠見(みぶ の ただみ、生没年不詳)は平安時代中期の歌人である。壬生忠岑の子。初めは名多、後に忠実、さらに忠見と改めた。父とともに三十六歌仙の一人に数えられる。官位は正六位上・伊予掾。 壬生忠見(みぶのただみ)

壬生忠見の経歴

954年(天暦8年)に御厨子所定外膳部、958年(天徳2年)に六位・摂津大目に叙任されたことが知られる以外経歴については未詳。歌人としては953年(天暦7年)10月の内裏菊合・960年(天徳4年)の内裏歌合等の作者となったり、屏風歌で活躍した。

『天徳内裏歌合』で

「恋すてふ我が名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか」(『拾遺和歌集』恋一621・『小倉百人一首』41番)

と詠み、

「忍ぶれど色に出でにけりわが恋はものや思ふと人の問ふまで」

と詠んだ平兼盛に敗れたために悶死したという『沙石集』所収の説話で有名。しかし『袋草紙』では悶死まではしておらず、家集には年老いた自らの境遇を詠んだ歌もあり信憑性には疑問が呈されている。

『後撰和歌集』(1首)以下の勅撰和歌集に36首入集[1]。家集に『忠見集』がある。

壬生忠見の逸話

忠見は家は貧しかったものの、早くから和歌の才能を人々に知られていたので、幼少のとき内裏よりお召しがあった。乗り物がなくて参内できないと申し上げると、竹馬に乗ってでも参内せよと仰せがあったので、「竹馬はふしかげにしていと弱し今夕陰に乗りて参らむ(=竹には節があり、竹馬はふし鹿毛という毛色で弱いので、今日の夕日かげに乗って参上いたします)」と歌を詠んで奉った。この逸話は『袋草子』に収録されていて、江戸時代ごろの忠見の画像には、子供の姿で竹馬にまたがっているところを描いたものが多かったという。

ここでクリア