恵慶法師

恵慶法師の和歌

短 歌
八重むぐら茂れる宿の寂しきに 人こそ見えね秋は来にけり
意 味
幾重にも葎(むぐら・つる性の雑草)が生い茂るこのさびしい宿に、人は誰も訪ねてこないが、秋だけはやってきたなあ

恵慶法師の人物像

恵慶(えぎょう、生没年不明)は平安時代中期の日本の僧、歌人。恵慶法師とも。中古三十六歌仙の一。 出自・経歴は不詳。播磨国分寺の講師をつとめ、国分寺へ下向する際に天台座主尋禅から歌を送られた。歌人としては『拾遺和歌集』に初出する。962年(応和2年)ごろより歌合などで活動し、986年花山院の熊野行幸に供奉した記録がある。また、大中臣能宣・紀時文・清原元輔など中級の公家歌人と交流していた。 小倉百人一首にも歌が取られている。家集に『恵慶法師集』がある。 恵慶法師(えぎょうほうし)
ここでクリア