大弐三位

大弐三位の和歌

短 歌
有馬山猪名の笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする
意 味
有馬山に近い猪名の笹原に風が吹くとそよそよと音がします、さて、そのことです。私はあなたのことをどうして忘れられるでしょうか

大弐三位の人物像

大弐三位(だいにのさんみ、長保元年(999年)頃? -永保2年(1082年)頃?)は、平安中期の女流歌人。女房三十六歌仙の一人。藤原宣孝の女、母は紫式部。本名は藤原賢子(ふじわら の かたいこ/けんし)。藤三位(とうのさんみ)、越後弁(えちごのべん)、弁乳母(べんのめのと)とも呼ばれる。 大弐三位(だいにのさんみ)

大弐三位の経歴

長保3年(1001年)3歳ごろ父と死別。長和6年(1017年)18歳ごろ、母の後を継ぎ一条院の女院彰子(上東門院)に女房として出仕[* 1]。この間、藤原頼宗、藤原定頼、源朝任らと交際があったことが知られている。その後、関白藤原道兼の次男兼隆と結婚、一女をもうけた。万寿2年(1025年)、親仁親王(後冷泉天皇)の誕生に伴い、その乳母に任ぜられた。長暦元年(1037年)までの間に東宮権大進高階成章と再婚、同2年(1038年)為家を生む。天喜2年(1054年)後冷泉天皇の即位とともに従三位に昇叙、夫成章も大宰大弐に就任した。

大弐三位の逸話

歌や実生活から、母の紫式部と比べ、恋愛の駆け引き上手というイメージを持たれることがある。
ここでクリア