赤染衛門

赤染衛門の和歌

短 歌
やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな
意 味
きていただけないことがわかっていたのなら、ためらわず寝ていたでしょうに。待っている間にとうとう夜が更けて月が西に傾くまで見てしまいました

赤染衛門の人物像

赤染衛門(あかぞめえもん、天暦10年(956年)頃? - 長久2年(1041年)以後)は、平安時代の女房・女流歌人。中古三十六歌仙・女房三十六歌仙の一人。大隅守・赤染時用の娘。歌集は『赤染衛門集』。『栄花物語』の作者とも目される。 赤染衛門(あかぞめえもん)

赤染衛門の経歴

赤染時用の娘とされるが、赤染衛門の母が前夫の平兼盛と居た頃に妊娠し、再婚先の赤染家で出産したことから、実父は平兼盛との説もある。後に兼盛は娘の親権を巡り、時用と裁判を起こしたが敗訴している。

文章博士大江匡衡と結婚。おしどり夫婦として知られ、「匡衡衛門」とあだ名されていたという(『紫式部日記』)。子に大江挙周、江侍従(ごうじじゅう)らがおり、挙周の孫には大江匡房がいる。

藤原道長の正妻源倫子と、その娘の上東門院彰子に仕え、紫式部・和泉式部・清少納言・伊勢大輔らと交流があった。平安中期に活躍した女流歌人としては、和泉式部と並び称され、和泉式部が情熱的な歌風なのに対して、赤染衛門は穏やかで典雅な歌風と評された。1035年(長元8年)の関白左大臣頼通歌合や、1041年(長久2年)の弘徽殿女御生子歌合などに出詠している。『拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に93首が入集している。

1012年(長和元年)に夫の匡衡が没した後は、信仰と子女の育成に尽くした。

「やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて かたぶくまでの 月を見しかな」(『後拾遺和歌集』恋680)

姉妹のもとに通っていた藤原道隆が訪れなかったため、姉妹のために代作した歌。

赤染衛門の説話

息子の挙周が重病を患い、住吉の祟りではないかという話を聞いた赤染衛門は、病の快方を願って以下の和歌を住吉神社に奉納した。祈りが聞き入れられて、挙周の重病は完治したという。

* 代わらむと 祈る命は をしからで さてもわかれんことぞ悲しき (『詞花和歌集』雑下362)

(大意)(息子に)代わって死んであげたいと祈る私の命は惜しくはないけれど、その祈りが叶って(息子と)別れることになるのは悲しい。

ここでクリア