相模

相模の和歌

短 歌
恨みわび干さぬ袖だにあるものを 恋に朽ちなむ名こそ惜しけれ
意 味
あの人が連れないことをうらみ涙に濡れて乾く暇がない袖が朽ちてしまうのも悔しいのに、この恋のために浮き名で朽ちてしまうわが名が惜しいのです。

相模の人物像

相模(さがみ、生没年不詳:998年(長徳4年)頃 - 1061年(康平4年)以降か)は、平安時代後期の歌人である。中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。実父は不詳で、摂津源氏但馬守頼光の養女。母は能登守慶滋保章の娘。 相模(さがみ)

相模の経歴

初名は乙侍従(おとじじゅう)。十代の頃、橘則長の妻となるが離別、1020年(寛仁4年)以前に大江公資の妻となり、「相模」の女房名で呼ばれるようになる。夫の任地相模国に随行したものの、結婚生活が破綻し、1025年(万寿2年)頃離別した。この頃、四条大納言藤原公任の息男であり、自身も歌人として名高い中納言藤原定頼との恋愛も知られている。やがて一条天皇の第1皇女(入道一品宮)脩子内親王に出仕。1049年(永承4年)内親王薨去後は、さらに後朱雀天皇の皇女祐子内親王(脩子内親王の弟の孫)に仕えた。この間、数々の歌合に名をつらね、後朱雀・後冷泉朝の歌壇で活躍した。彼女は和歌六人党(藤原範永・平棟仲・藤原経衡・源頼実・源頼家・源兼長)の歌道の指導的立場にあったばかりでなく、能因法師・和泉式部・源経信などとの交流もそれぞれの家集から伺える。『後拾遺和歌集』では和泉式部についで第二位の入集歌数を誇る他、以降の勅撰集、家集等に多数作品を残している。

相模の逸話

* 帰京後に恋愛関係が表面化する藤原定頼とは、任国下向以前から何らかの交流があり、好意を抱いていた。大江公資に強引に妻にされ、任国下向させられたのは、彼女にとって不本意[* 5]なことだった。しかも、夫公資はやがて現地の女性と懇ろになり--といった悩みを、1024年(治安4年)正月、百首の歌に詠んで伊豆走湯権現の社頭に埋めた。すると、4月になって、権現からの返歌だと称する百首の歌が社僧からもたらされた。彼女は、それに対して更に百首の返歌を詠んだ。家集にはそれらが収められているが、権現作と称する百首を詠んだのが誰なのかは未だに不明である[1]。その中に、夫が愛人を作ったことを訴える歌、

わかくさをこめてしめたるはるのゝに われよりほかのすみれつますな

— 流布本 『相模集』 230

権現(夫本人ではないかとも言われる)がなだめるつもりで、

なにか思なにをかなげくはるのゝに きみよりほかにすみれつませじ

— 流布本 『相模集』 329

ところが、ごまかしても無駄だと火に油、

もえまさるやけのゝのべのつぼすみれ つむひとたえずありとこそきけ

— 流布本 『相模集』 433

「焼け野の野辺の坪菫」という表現に、浮気相手の田舎女に対する敵意と蔑視が感じられる。別の歌では女を「そほづ」(案山子)にも例えている。

* 順徳院は、中期の女流歌人として、赤染衛門・紫式部・和泉式部と並んで相模を挙げ、「上古にはぢぬ歌人」の一人として称賛している。

ここでクリア