大僧正行尊

大僧正行尊の和歌

短 歌
もろともにあはれと思え山桜 花よりほかに知る人もなし
意 味
私がお前を懐かしく思うように、お前も懐かしく思ってくれ、山桜よ。こんな山奥にいる今は、お前しか私の心を知る人はいないのだから。

大僧正行尊の人物像

行尊(ぎょうそん、天喜3年(1055年)- 長承4年2月5日(1135年3月21日))は、平安時代後期の天台宗の僧・歌人。平等院大僧正とも呼ばれる。 父は参議源基平。園城寺(三井寺)の明尊の下で出家、頼豪から密教を学び、覚円から灌頂を受けた。1070年(延久2年)頃より大峰山・葛城山・熊野などで修行し、修験者として知られた。2代熊野三山検校に補任。1107年(嘉承2年)5月法眼に叙せられる。また、同年12月鳥羽天皇即位に伴いその護持僧となり、加持祈祷によりしばしば霊験を現し、公家の崇敬も篤かった。のちに、園城寺の長吏に任じられ、1123年(保安4年)には天台座主となったが、延暦寺と園城寺との対立により6日で辞任している。1125年(天治2年)大僧正。その後、諸寺の別当を歴任する一方、衰退した園城寺を復興した。 大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)
ここでクリア