周防内侍

周防内侍の和歌

短 歌
春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそをしけれ
意 味
短い春の夜の夢のようなはかない戯れの手枕のためにつまらなくたつであろう浮き名が口惜しい。

周防内侍の人物像

周防内侍(すおうのないし、生没年不詳:1037年(長暦元年)頃 - 1109年(天仁2年)以後 1111年(天永2年)以前)は、平安時代後期の歌人である。女房三十六歌仙の一人。本名は平仲子(たいらのちゅうし)。父は「和歌六人党」の一人、桓武平氏周防守従五位上平棟仲。母は加賀守従五位下源正軄の娘で、後冷泉院女房、小馬内侍と称した人と言う。掌侍正五位下に至る。 周防内侍(すおうのないし)

周防内侍の経歴

はじめ後冷泉天皇に出仕、1068年(治暦4年)春崩御後は家でふさぎこんでいたが、後三条天皇即位により7月7日から再出仕せよとの命を受け、以後白河天皇、堀河天皇に至る計4朝に仕えた。歌合等にも度々参加し、公家・殿上人との贈答歌も残されている。『後拾遺和歌集』以降の勅撰集、家集『周防内侍集』等に作品を残す。1108年(天仁元年)以後、病のため出家、1111年(天永2年)までの間に没したようである。
ここでクリア