権中納言匡房

権中納言匡房の和歌

短 歌
高砂の尾の上の桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもあらなむ
意 味
はるかかなたの高い山の峰に桜が咲いたなあ。里近い山の霞よ、花が見えなくなるので、どうか立たないでおくれ

権中納言匡房の人物像

大江 匡房(おおえ の まさふさ、長久2年(1041年) - 天永2年11月5日(1111年12月7日))は、平安時代後期の公卿、儒学者、歌人。大学頭・大江成衡の子。官位は正二位・権中納言。江帥と号す。藤原伊房・藤原為房とともに白河朝の「三房」と称された。 権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

権中納言匡房の経歴

大江氏は古くから学者の家柄であり、匡房も幼少のころから文才があったと伝えられる。早くも天喜4年(1056年)16歳にして省試に合格して文章得業生に、康平元年(1058年)対策に及第し、康平3年(1060年)には治部少丞・続いて式部少丞に任ぜられ、従五位下に叙せられた。

その後昇進が止まり、一時隠遁しようとするが、藤原経任の諫止により思いとどまり、治暦3年(1067年)東宮・尊仁親王の学士に任じられる。学士を務める中で尊仁親王の信頼を得て、治暦4年(1068年)に尊仁親王が即位(後三条天皇)すると蔵人に任ぜられる。翌延久元年(1069年)左衛門権佐(検非違使佐)・右少弁を兼ね三事兼帯の栄誉を得る。また、東宮・貞仁親王(のち白河天皇)の東宮学士も務める。後三条天皇治世下では、天皇が進めた新政(延久の善政)の推進にあたって、近臣として重要な役割を果たした。

延久4年12月(1073年1月)白河天皇の即位後も引き続き蔵人に任ぜられるとともに、善仁親王(のち堀河天皇)の東宮学士となり三代続けて東宮学士を務める。また、弁官にて累進し応徳元年(1084年)左大弁に任ぜられ、応徳3年(1086年)従三位に昇叙され公卿に列す。この間の承暦2年(1078年)自らの邸宅に江家文庫を設置している。

堀河朝に入ると、寛治2年(1088年)正三位・参議、寛治8年(1094年)従二位・権中納言と順調に昇進する。この間、寛治4年(1090年)には堀河天皇に漢書を進講している。永長2年(1097年)大宰権帥に任ぜられ、翌承徳2年(1098年)大宰府へ下向する。康和4年(1102年)には大宰府下向の労により正二位に叙せられるが、まもなく大宰権帥を辞任した。長治3年(1106年)権中納言を辞して、再度大宰権帥に任ぜられる。鳥羽天皇の天永2年(1111年)大蔵卿に遷任されるが、同年薨去した。

権中納言匡房の人物

大江氏の再興を願う匡房にとって、大江維時以来途絶えていた公卿の座に自らが就いたことは大きな喜びであった。惟宗孝言が大学者として知られていた匡房の曾祖父大江匡衡について尋ねたところ、匡房は自分が意識しているのは惟時のみであると述べて暗に匡衡は評価に値しないことを示した。これは匡衡の位階が正四位下に終わった事から、公卿を目指す匡房には目標たるべき人物ではないと見ていたと考えられている。また、大江氏の祖・大江音人を阿保親王の子とする伝承を作成したのは、匡房であるという説がある(今井源衛説)。

学才を恃まれ多くの願文の代作をし、それらをまとめた江都督納言願文集が残る。

和歌にも優れ、『後拾遺和歌集』(2首)以下の勅撰和歌集に114首の作品が収められている。歌集に『江帥集』がある。また著書に『洛陽田楽記』『本朝神仙伝』がある。

ここでクリア