源兼昌

源兼昌の和歌

短 歌
淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守
意 味
淡路島から海を渡ってくる千鳥のもの悲しく鳴く声のために幾度目も目を覚ましたであろう、須磨の関守は

源兼昌の人物像

源 兼昌(みなもと の かねまさ、生没年不詳)は、平安時代中期から後期にかけての歌人・官人。宇多源氏で、美濃介・源俊輔の子。子に昌快、前斎院尾張がいる。官位は従五位下・皇后宮少進。 源兼昌(みなもとのかねまさ)

源兼昌の経歴

官位には恵まれず従五位下・皇后宮少進に至るが、その後出家。没年については不詳であるが大治3年(1128年)頃には生存していたようである。康和2年(1100年)の国信卿家歌合以下、永久3年(1115年)、元永元年(1118年)、同2年(1119年)の内大臣忠通家歌合などに出詠しており、堀河院歌壇の下部集団である忠通家歌壇で活躍した。永久4年(1116年)の「堀河次郎百首」の作者の一人。

『金葉和歌集』『詞花和歌集』『千載和歌集』『新勅撰和歌集』『新千載和歌集』の勅撰和歌集に和歌作品が計7首入集している。家集は伝わらない。

ここでクリア