皇嘉門院別当

皇嘉門院別当の和歌

短 歌
難波江の蘆のかりねのひとよゆゑ 身を尽くしてや恋ひわたるべき
意 味
難波の入り江の蘆の刈り根の一節のような短い一夜の契りのために、生涯を尽くして恋い続けることになるのでしょうか

皇嘉門院別当の人物像

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう:生没年不詳)は、平安時代末期の女流歌人。父は源俊隆。大蔵卿源師隆の孫にあたる。

崇徳天皇の中宮皇嘉門院藤原聖子(摂政藤原忠通の娘)に仕えた。皇嘉門院聖子が忠通の子で兼実の姉であることから、1175年(安元元年)の『右大臣兼実家歌合』や1178年(治承2年)の『右大臣家百首』など、兼実に関係する歌の場に歌を残している。1182年(養和元年)皇嘉門院聖子が没したときにはすでに出家していた。

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)
ここでクリア