後京極摂政前太政大臣

後京極摂政前太政大臣の和歌

短 歌
きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしきひとりかも寝む
意 味
こおろぎが鳴く霜の降りる寒々とした寝むしろに、衣の片袖を敷いて私はただ独り寝るのであろうか

後京極摂政前太政大臣の人物像

九条 良経(くじょう よしつね、嘉応元年(1169年) - 元久3年3月7日(1206年4月16日))は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての公卿。後京極 良経(ごきょうごく よしつね)とも。従一位、摂政、太政大臣。後京極殿と号す。摂政関白・九条兼実の次男。

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

後京極摂政前太政大臣の来歴

治承3年(1179年)元服し、従五位上に叙せられる。元暦2年(1185年)従三位。文治4年(1188年)、同母兄の九条良通が早世したため兼実の嫡男となった。その後も権中納言、正二位、権大納言と昇進し、建久6年(1195年)に内大臣となった。しかし翌年11月、反兼実派の丹後局と源通親らの反撃を受けて父とともに朝廷から追放され、蟄居することを余儀なくされた(建久七年の政変)。

正治元年(1199年)、左大臣として政界復帰を果たし、その後内覧となる。そして建仁2年(1203年)12月、土御門天皇の摂政となり、建仁4年(1204年)には従一位、太政大臣となった。しかし元久3年(1206年)3月7日深夜に頓死。享年38。

後京極摂政前太政大臣の人物

良経は和歌や書道、漢詩に優れた教養人だった。特に書道においては天才的で、その屈曲に激しく線に強みを加えた書風は、のちに「後京極流」と呼ばれた。また、叔父慈円を後援・協力者として建久初年頃から歌壇活動が顕著になり、同元年『花月百首』、同4年頃『六百番歌合』などを主催した。その活動は御子左家との強い結びつきのもとで行われたが、六条家歌人との交流もあった。この良経歌壇は、のちに『新古今和歌集』へと結実していく新風和歌を育成した土壌として大きな役割を果たす。その後は後鳥羽院歌壇へ移行し、良経を含む御子左家一派は中核的な位置を占める。

建久元年(1190年)、和歌所設置に際して寄人筆頭となり、『新古今和歌集』の撰修に関係してその仮名序を書いた。自撰の家集『秋篠月清集』(月清集)は六家集のひとつとなっている。『後京極殿御自歌合』も作風を知る上で好資料となる。日記に『殿記』、著作に『大間成文抄』がある。

ここでクリア